腸内細菌DNA検査キット


価格 15,000(税抜)
購入・問い合わせ

商品詳細情報

腸内細菌DNA検査を一般社団法人日本腸内フローラ協会®︎協会価格にてご提供!
更に、腸内フローラの専門教育機関より、あなただけのオリジナル検査結果報告書付き。

腸活でヨーグルトや発酵食品を食べている方多いと思いますが、実際に今の自分の腸内細菌がどうなっているのか知りたくありませんか?

ヨーグルトも発酵食品も、食べないより意識して食べることが勿論大切です。しかし、現代人は食生活や生活習慣の乱れで腸内環境も乱れています。乳酸菌やビフィズス菌は食べても毎日排出されていくため、毎日沢山摂り続けないといけません。

腸活していると思っていても実は全然足りていない場合や、目に見えないお腹の中なので実感が得られず、だんだんモチベーションが続かなくなってしまうことも。腸活を行なって良い効果を得ようと思うなら、今の自分の腸内細菌の状態を知り、結果に合わせて、足りない菌が入ったヨーグルトを選ぶなど効率的に改善ができます。

腸内細菌の検査をして、こんな思いをしたことはありませんか?

・菌の名前や数値を見ても、難しくて結局何がどう良いのか分からない
・自分の腸内細菌の状態がわかっても、改善方法がわからない
・返送結果の内容の割に、検査キットの値段が高く感じる

そんな声にお答えして、分析機関のレポートに、初めて腸内細菌について興味を持ってくださった方にも分かりやすく説明を加えた、一般社団法人日本腸内フローラ協会®︎オリジナルの検査結果報告書を、検査結果に合わせてお一人ずつ作成しお送りします。

腸内細菌の検査ができる機関は限られており、どうしても価格が高くなってしまいます。まずは自分の腸内細菌の状態を知ることが大切と考え、協会として、腸内細菌の検査を少しでも安く受けていただけるよう、同レベルの検査項目で一番リーズナブルな価格を実現しました。

もちろん、腸内フローラリスト®️、腸内フローラファスティング®︎の知識と併用することで、ご自身でより内容を深く理解し、より効率よく

最新のDNA検査機器で遺伝子を調べる次世代シーケンサー検査方法で、今まで分からなかった腸内細菌の様子が分かるようになりました。

 

 

 

 

 

<腸内細菌DNA検査でわかること>
○腸内細菌の種類
○腸内細菌の割合
○腸内年齢
○太りやすさ
○腸内細菌の型判定
○細菌の多様性
○食事チェック
※詳しくは下部をご覧ください。

検査キットは、ご注文確認後、1週間以内に発送いたします。

【注意事項】
・説明書をよくお読みいただき、フタを開閉時に液をこぼさないようにご注意ください。
・採取いただく便の量は、採便キットのブラシ部分全体を便に挿して抜いてください。ブラシに便がついているのがわかるくらいで問題ございません。量が多すぎると正確なデータがでないこともありますのでご注意ください。また、便の固まりを容器に入れる必要はありません。
・容器のフタをしっかりとしめ、逆さにしても液が守れないことを確認してください。
・採便日を必ずご記入ください。
・問診票の裏面や採便日の未記入が散見されますので、問診票は表裏ともすべてご記入ください。

【その他】
・検査は、毎月1回実施しておりますので、毎月1日〜7日までの間に日本腸内フローラ協会へ届くようにお送りください。
毎月7日以降に到着した場合、翌月の分析となりますのでご注意ください。
・分析結果が出るまで1ヶ月〜1ヶ月半程度かかります。
結果報告書は、分析結果の到着後に、お一人ずつ結果に合わせて作成しますので、検査から約2ヶ月程かかる場合もございます。あらかじめご了承ください。
・結果報告書は、「pdfデータ」でPCメールアドレスもしくはLINEへお送りします。用紙でのお届けをご希望の方はお申し込みの際にお伝えください。別途3,000(税抜・送料込
)必要となります。

【検査の流れ】


腸内細菌DNA検査でわかること

【腸内細菌の種類】
ヒトの腸内には、およそ1,000種類の細菌が棲んでいるとされ、その大半は大腸にいます。この検査では、それら腸内細菌の遺伝子を検査して、細菌の種類と割合を確認します。腸内細菌には、ヒトにとって良いことをする細菌もいれば、悪さをする細菌もいて、それらがバランスをとって生活しています。細菌の種類は百人百様で、50~150種類程度が検出されます。

【細菌の割合】
検出された腸内細菌を17種類にまとめて、割合を確認いただけます。ヒトにとって良いことをするビフィズス菌、フェカリ菌、そして乳酸菌は少し細かく分けて割合を表示しています。食生活の改善の前後で比較していただければ、腸内細菌の変化を見ることができます。そのほか、酪酸菌やエクオール産生菌、悪さをするディフィシル菌などがいたら、お知らせします。

【腸内年齢】
腸内細菌は加齢によって変化するとされています。一般的には、ヒトにとって良いことをする細菌が減って、悪さをする細菌が増えてくるとされています。この検査では、独自の計算式により腸内年齢を計算して、結果をお知らせします。腸内年齢が実年齢より高いと判定されても、食生活の改善や、運動などで変化させることが可能と考えています。

【太りやすさ】
腸内細菌の中でバクテロイデスの仲間と、フィルミクテスの仲間の割合で、肥満のリスクが分かるとされています。フィルミクテスには乳酸菌も含まれており、おなかの中で頑張って栄養を作ってくれることがかえって太る方向に行ってしまうと考えられます。これ以外にも「痩せ菌」とされるムシニフィラ菌の有無と割合もお知らせします。

【型判定】
腸内細菌のうちバクテロイデス、プレボテラ、ルミノコッカスの3種類のどれかが優占種となることで、3つの型に分けることができます。これらの型は、人種、地域、食生活などが影響しているとされています。この検査では、3種類の型以外に、どれにも分類されない混在型を加えた4種類として判定します。

【細菌の多様性】
この検査では、50~150種類の腸内細菌が検出されます。見えてくる種類数は多様性を決める項目の一つですが、1種類もしくは少数の種類の割合が高く、他の大多数の種類は非常に割合が低い場合は多様性が高いとは言えません。この検査では、多様性指数という数値を計算して、併せてお知らせします。

【食事チェック】
食事チェックでは、提出いただいた問診票の回答に基づいて、あなたの食生活をスコア化し、点数を表示します。不定期な食事、偏った食材、食べ過ぎ、飲み過ぎなどのマイナス点と、食物繊維や発酵食品などの摂取というプラス点。そこに腸内細菌の多様性も加味して、総合的に点数化します。

こんな方におすすめ

■腸活を頑張っている方
特にこれから腸活を始めようとしている方、腸活の前後で検査をすることで、腸活による腸内の変化と体感の関係が明らかになります。

■健康に気を配っている方
腸の健康のため、ビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌、酪酸菌などを含む食品やサプリメントを摂っておられる方は、それが体に合っているか分かります。

■お腹の調子に不安のある方
下痢や便秘は、水分や腸の蠕動運動に加えて腸内細菌も原因の一つです。多様性が低かったり、特定の細菌が多い場合は食生活の改善で良い方向にいく可能性があります。

腸内フローラファスティング®︎と組み合わせオススメプラン

【腸内細菌DNA検査と腸内フローラファスティング®︎を同時に行うプラン】
①腸内細菌DNA検査を行います

②腸内フローラファスティング®︎アドバイザーと共に腸内フローラファスティング®︎7日間を行います

③(約1ヶ月半後)検査結果が届いたら、結果に基づいて食事+サプリメントで強化

購入・問い合わせ


※検査結果報告書の表紙デザインは変更になる場合がございます