なぜヨガを行なっている方に腸内細菌が大切なのか?

①腸内環境から自律神経を整える

ヨガは大変人気でポピュラーな健康美容法として知られるようになりました。ヨガの特長は自律神経(交感神経・副交感神経)に働きかけることです。

ストレスなどで刺激された交感神経は、ヨガによって副交感神経が活発になることで、脳が休息モードになり、心身の緊張がほぐれます。

副交感神経は、ストレスによって身体に現れる不調を改善してくれる働きがあります。

また、便秘が解消されると副交感神経の働きがよくなり、自律神経のバランスが整うことが最近の研究で明らかとなりました。反対に腸内環境が悪くなると、副交感神経の働きが悪くなりバランスが乱れます。

腸内環境をよくすることが自律神経を整えることにもなります。このように腸内環境と自律神経には相互作用があるといわれています。

②腸内細菌が「幸せホルモン」セロトニンの分泌量を決める

自律神経を整えるためには、「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンが重要です。セロトニンは交感神経と副交感神経のバランスを調整する働きを活性化させます。

セロトニンは人体の中には約10mgと極少量が存在しています。このうち90%は小腸の粘膜に、8%は血小板に、残り2%が脳内の神経に存在しています。このセロトニンの分泌量のカギを握るのが腸内細菌です。

ヨガで自律神経を整えて身体に現れる不調を改善するには、腸内細菌を活発に働かさせることが重要になります。

腸内フローラファスティング®︎は、腸内細菌を活発にして、セロトニンの分泌を増やすプログラムとして開発されました。

腸内フローラファスティング®︎を導入したい方

※年会費・認定料・初回検定料を含みます

開催日程・申し込み


■ 腸内フローラファスティング®︎を受けたい方

導入店舗